※最新情報は、稲荷神社ブログをご覧ください。

ヤッコソウ

神社裏の一部区域はヤッコソウ発生地として国の天然記念物に指定されています。

毎年、10月下旬から11月に、シイの根元に3センチほどの乳白色のかわいいやっこさんの姿を見せてくれます。

南日本新聞に掲載されました。

 

 

 

 

 

 

2015年11月10日 南日本新聞に「ヤッコソウひっそりと」

との記事が掲載されました。

ヤッコソウ保護のための寄付をお願いします。

崖崩れでヤッコソウ指定地が危険だったため、文化庁から現地に調査が入りました。調査の結果、できるだけ保存に協力していただくため、指定地以外の箇所へ案内すること・指定地のところを増やすためにそっとしておくこと、などの指示がありました。

2021年、東京オリンピックの翌年に稲荷神社鎮座800年の節目を迎えるにあたり、境内整備のひとつとして、このための保存工事が今年行われます。それに伴い、高額な工事に向けての募金活動を昨年より始めました。おかげさまで、たくさんの方からご協力をいただくことができました。皆様の善意に感謝いたします。

今年も引き続き、募金箱を設置します。皆様のあたたかいご協力をどうぞお願い申し上げます。

なお、千円以上の寄付につきましては、芳名帳に御記帳いただきますと、工事の完成奉告祭にて、神前に奉納させていただきます。

五千円以上の寄付に関しましては、宮司または係りの者までお声をかけてください。